間取りの決め方・予算・法律など!ガレージハウスを建てる際に押さえておきたいポイントなどを紹介します

当サイトでは間取りの決め方・予算・法律など、ガレージハウスを建てる際に押さえておきたいポイントなどをご紹介しています。
これから車庫と住宅が一体になった建物を建てたいのなら、ぜひ参考にしてください。
インナーガレージの家の間取りを決める際には、導線を考慮することが大事です。
導線が最適かどうかは、生活しやすさを大きく左右することになります。
また断熱対策が重要になることも、快適に暮らすためには知っておきたいところです。

間取りの決め方・予算・法律など!ガレージハウスを建てる際に押さえておきたいポイントなどを紹介します

ガレージハウスを建てることを考えている人もいるのではないでしょうか。
一般的にガレージハウスは外に駐車場がなく1階が車庫で、2階以上が居住空間となります。
価格は工法や土地によって異なりますが、一般的に車庫部分の坪単価では50万円から80万円ほどがかかるといわれています。
またガレージを作る時には、万が一のことを考えて不燃材を用いる必要があるのが特徴です。
ガレージハウスの車庫部分の場合も、防火対策をすることが大切になります。

ガレージハウスを建てるメリットとは?

ガレージハウスとは、居住部分とガレージつまり駐車場とを一体化した住宅のことを指します。
家の軒先などに別途ガレージを設けているのではなく、家の建物の1階部分に駐車場を設けたようなタイプです。
このようなガレージハウスを建てるメリットですが、最も大きいのは車をしっかりと守れることになります。
オープン型の駐車場ですと、屋根はあっても風雨が吹き込むことは普通にありますし、直射日光が当たることもあります。
これを屋内型とするわけですから、車に与えるダメージの大きさが違います。
もちろん人為的ないたずらなどから守れる利点も無視できません。
住宅と一体化することで利便性もアップします。
雨の日でも濡れずに車に乗り降りができますし、無駄な動線や空間を無くすことにもつながります。
ガレージのスペースを単に駐車場とするだけではなくクルマの手入れをしたり、DIYを楽しむための趣味の空間として活用することもできるかもしれません。

ガレージハウスは駐車場以外にも色々と活用できる

ガレージハウスと聞くと車を止めておくだけの空間だと思っていませんか。
現在は多種多様に進化しており、車を置くだけの空間ではなくなっています。
もちろん収納を充実させることで多くの荷物保管ができます。
車のメンテナンスの道具はもちろん、普段使わないアウトドアグッズやスポーツアイテムなど家に入れると汚れてしまうようなグッズの収納スペースとしても大変便利です。
リビングや玄関などからガラス張りにして見えるようにすれば大好きな車の展示スペースとしても活用できます。
ミニキッチンを付ければ、バーベキューを全天候型でできるので、友人を集めてホームパーティも開けます。
エアコンをつけることで趣味や作業用スペースや書斎など、快適で秘密基地のような空間を作ることができます。
ガレージハウスはレイアウトや建て方によっては家族で楽しめる空間にすることが可能です。
ガレージならではの多目的な部屋は生活をランクアップしてくれるでしょう。

ガレージハウスの1階の間取りの決め方

ガレージハウスを建てる際には、1階部分を駐車スペースとするのが基本です。
土地の広さによっては、1階部分がまるごと駐車スペースとすることもあります。
都会の狭小住宅では、そのようなケースが珍しくありません。
土地に余裕がある場合や1階でも生活したい方にとっては、ガレージハウスの1階の間取りをどのようにすべきかが悩みどころです。
1階部分の間取りを決める際には、まずは玄関の位置から考えてみるのがお勧めです。
玄関は家の顔ともなる大事な部分です。
利便性を考慮すると、駐車スペースと隣接した場所に配置するのがベストです。
そのように配置すれば移動や荷物の出し入れが楽に行えることでしょう。
駐車スペース以外の住宅部分に関しては、リビングを設けたり、トイレやバスルームなどの水回りを設けるなど人それぞれです。
防犯面を考慮すると2階に寝室や子供部屋を配置した方が安心して生活できるはずです。
ライフスタイルや家族構成に合わせて間取りを決めてみてください。

ガレージハウスの2階の間取りの決め方

ガレージハウスは駐車スペースの設計が目玉ですが、住居部分の2階の間取りについても、しっかりと考える必要があるのではないでしょうか。
2階は家族が集うリビングを設けるのが一般的で、ガレージと直通の通り道を作るケースも珍しくないです。
2階建てだと寝室も考えなくてはいけないので、間取りを検討して決める重要性が高いといえます。
ガレージハウスは性質上、騒音や排気ガスが住居部分に伝わりやすいので、その対策もしなくてはいけないです。
具体的にはエンジンやシャッターの音を響きにくく、伝わりにくくしたり、排気ガスが寝室に流れ込まないようにするなどです。
いずれにしても、間取りを含めて総合的に検討しなくては快適なガレージハウスにはならないので、俯瞰視点で全体を見渡しながら間取りを決めていくことが大事です。
駐車スペースに近いところは断熱が薄くなる分、冷気が室内に伝わってしまうことから、リビングなどはなるべく離した方が良いのではないでしょうか。

ガレージハウスに関する情報サイト
ガレージハウス建設のポイント

当サイトでは間取りの決め方・予算・法律など、ガレージハウスを建てる際に押さえておきたいポイントなどをご紹介しています。これから車庫と住宅が一体になった建物を建てたいのなら、ぜひ参考にしてください。インナーガレージの家の間取りを決める際には、導線を考慮することが大事です。導線が最適かどうかは、生活しやすさを大きく左右することになります。また断熱対策が重要になることも、快適に暮らすためには知っておきたいところです。

Search